マツゲを抜いたら生えてこないって本当?

ストレスなどから自分のマツゲを抜いてしまうという人がいるようです。
無意識に抜いていたら、まつげが半分なくなっていたなどという深刻なケースもあります。
思春期の女子に多く見られる行為ですが、抜毛症と呼ばれ精神疾患である可能性もあります。
どうしてもやめられない場合は、我慢したり一人で悩んだりせず、精神科を受診してみましょう。
さて、気になるのはマツゲのケアです。
女の子なら、マツゲがないという状態をどうにかしたいと思うものです。
そもそもマツゲを抜いたら生えてこないというのは本当なのでしょうか。
結論から言えば、そっとしておけばマツゲはまた自然に生えてきます。
髪の毛や眉毛などの体毛と同様にマツゲにも寿命があり、二ヶ月から四ヶ月のサイクルで抜け替わっているからです。
それでも気になるという場合は、皮膚科などに相談するのも一つの選択でしょう。
マツゲ育毛剤や美容液を処方してもらえる場合もありますし、食事などの健康管理についてアドバイスされることもあります。
生え始めたばかりのマツゲにはそれなりのケアが必要です。
自然な状態で、十分な休息を与えてあげる事が重要です。
基本的にメイクは控えた方が良いでしょう。
ビューラーでぎゅうぎゅうと持ち上げるのは絶対に避けてください。
ホットビューラーもマツゲの水分を奪ってしまうのであまりよくありません。
マスカラやつけマツゲも根毛や肌に負担をかけてしまいます。
また当たり前の事ですが、規則正しい生活を心がけ、適度な運動と充分な睡眠をとって下さい。
発毛を促すと言われている、ワカメ、ひじき、昆布など摂取することも効果があります。
体全体を適切にケアすることで、ダメージに負けない健康なマツゲを作りましょう。